ミカルディスは主に高血圧に効く治療薬です。他にも腎臓や心臓という内臓に対する負担も軽減する事が期待できるため、腎臓病や心臓病の予防に服用する!という方もいらっしゃいます。血圧はもちろん、内臓も気になり始めたらミカルディスです!

高血圧に効く治療薬としてミカルディスをオススメしている女性看護師

ミカルディスは何故高血圧を解消することが出来るの?

ミカルディスは降圧剤と呼ばれるタイプの薬です。
降圧剤と言うのは簡単に言うと、血圧を下げる効果のある薬という事で、ミカルディスは、その降圧剤の中でアンジオテンシンII受容体拮抗薬と呼ばれる種類のものになります。
このアンジオテンシンII受容体拮抗薬は通称をARBと言いますが、このARBのt区長としては他の降圧剤と比較すると大体中ほどの力で血圧を下げるような感じで、臓器を保護する作用があるとされており、腎不全や・心不全の治療にも利用されます。また全てではありませんが、この種類の薬の中には尿酸値や血糖値の改善に効果があるとされるものもあります。
このARBの中のミカルディスの特徴としては、一回飲むだけで24時間その効果が持続するという薬の作用時間の長さがまず挙げられます。そしてミカルディスには血糖値を下げる効果もあるため、糖尿病の改善にも利用されることがあります。ただし、ミカルディスのみで糖尿病単独の治療に使われることは少なく、患者が高血圧と糖尿病の両方を患っている場合において、その領症状0に効果が期待できるミカルディスが利用されます。
服用した薬の排せつする経路としては、尿として排出されるか、便として排出されるかの二種類になりますが、ミカルディスは弁で排出されるタイプなので、腎臓の機能に不安がある患者の使用には注意が必要です。
ミカルディスが何故血圧を下げられるかと言うと、この薬に含まれるARBが体内の血圧を上げるRAAと呼ばれるシステムの中で、血管を縮める働きを持つアンジオテンシンIIの働きを阻害し、それにより、RAA全体の動きを妨害し、血圧を上げてしまう物質が血管内に発生しないよう抑制するからです。

ミカルディスを服用して、予防出来る病気たち

ミカルディスを服用して、予防出来る病気は、高血圧で発症をする病気関連です。
高血圧を放っておくと、人間の体はどうなっていくのでしょう。自覚症状も乏しいのが高血圧であり、健康診断などで結果が出て、初めて自分が高血圧だと知ることもあります。
高血圧を治療も対処もしないで放っておくと、やがて動脈硬化を起こします。そこからは脳卒中になったり、心臓病といった病を招きます。高血圧の本当の恐ろしさと申しますのは、血圧の高い状態の先にある、高血圧合併症です。
ミカルディスなどの血圧を下げる医薬品を使うことで、こうした病気も予防をすることになります。
高血圧は何も対処をしないままですと、やがて動脈硬化を引き起こす症状でもあります。これこそが、高血圧になって問題になることでしょう。血管は柔軟であれば健康ですが、弾力がなくなると動脈硬化を起こしやすくなります。血管の内腔が健康次よりも、狭くなる状態です。
そのため高血圧の状態が続くことで、血液の圧力に対して耐える必要性が出てきます。そうなると動脈の血管壁はだんだん厚みが出てきて、内側を流れる血液の内腔は次第に狭くなります。血管にも傷がつきやすくなりますので、脂質であるコレステロールが蓄積をしやすくなり、これも狭くなる要因となります。
こうした積み重ねで血液の流れる抵抗が、さらに増えていきますから、血圧の状態は上昇していきます。高血圧は動脈硬化を招き、さらに高血圧へと進むという悪循環が起こり、動脈硬化を促してしまうのです。
血圧の高いことに気がついたら、病院で必要な血圧降下剤などを処方してもらい、対処をしていく必要があります。それに加えて、食事面にも気をつけていきましょう。

ミカルディスが原因で副作用が出てしまった時

ミカルディスが原因で副作用が出てしまった時には、すぐに服用を中止しましょう。頭痛や吐き気や顔や足のむくみなどの症状を感じたら、安静にしてしばらく様子を見ます。落ち着くようでしたら、体調の回復に努めましょう。長引く不調は病院で、事情を説明をして、お医者さんに相談をしましょう。
高血圧への対応として食事は欠かせないものであり、自然の降圧薬とも言われる、カリウムの成分を摂取するようにしましょう。野菜などにはたくさんのカリウムの成分が含まれていて、人間の体の中からいらない塩分を、自然に出し切るために働いてくれます。だからカリウム成分のたくさんな野菜を選び、血圧の管理にも役立たせることができます。
食事と医療との関わりは深く、医食同源という言葉もあるくらいです。血圧の上昇には塩分のとり過ぎがありますし、大量になった塩分は排出をさせる必要はあります。余分となった塩分はカリウムを摂取することで、自然にどんどん排出されていきますので、血圧を下げる助けになってくれます。高血圧の人であればなおのこと、日常の食事で減塩をしながら、カリウムの食材を献立に選択して入れましょう。
カリウムをたくさん含む野菜としては、葉物ではほうれん草が多いですし、根菜類ではじゃがいもも優れています。海藻類にもカリウムの成分が多いので食べたいものであり、わかめにも多いので、お味噌汁の具材や、サラダなどにしても食べやすいです。濃厚なバターみたいな美味しさがある、アボカドにもカリウムが含まれるので、かなり美味しい食材で、塩分の管理ができます。
カリウムの食材に関して、摂取量には特に数字的な決まりはないです。果物にもカリウムが含まれていて、バナナやプルーンにも多いです。

上へ戻る