ミカルディスは主に高血圧に効く治療薬です。他にも腎臓や心臓という内臓に対する負担も軽減する事が期待できるため、腎臓病や心臓病の予防に服用する!という方もいらっしゃいます。血圧はもちろん、内臓も気になり始めたらミカルディスです!

高血圧に効く治療薬としてミカルディスをオススメしている女性看護師

ミカルディスと指先と利尿剤について

アンジオテンシン受容体との結合が強いのが、ミカルディス錠のお薬です。長い時間の結合ができるので、安定をした長い時間の降圧効果があります。

特に気にするのは女性ですが、体のむくみとの付き合い方には、苦労をする女施肥は多いでしょう。ふくろはぎや手に指先まで、むくみというのは容赦なく現れます。むくみの症状を気にして、病院の内科を受診する人もいます。

むくみで受診をしても、それ以外になにかの病気があって、ほかの病気でも医薬品を飲んでいる人もいあるものです。その医薬品を調べてみると、病気への効果が出る代わりに、体にはむくみが出るといたこともあります。

そのようなお薬のタイプかといいますと、ホルモン剤や高血圧の医薬品、鎮痛剤や漢方薬などです。医薬品を服用してむくみが出てくるというのは、内臓の病気のSOSのサインとは違います。でも念のために、かかりつけの主治医には相談をするのが安心できます。

まだ20代くらいの女性であれば、外見をとても気にして美容を重視しますので、過度に体重やむくみを気にしすぎることもあります。ないかの治療の対象となるのは、内蔵の検査をして、何か異常があった時です。

むくみをなくすために利尿剤を利用して、それが原因で逆に病気になってしまうこともあります。人間の体は誰でも、多少のむくみは出てくるものです。美容への意識が高いのは悪くはないですが、むやみに医薬品に頼らないことです。利尿剤は病気を治療するために使いますが、美容目的では使うものとは違います。それは利尿剤も医薬品であって、薬には必ずそれなりに副作用があるからです。

むくみを気にするならば、一度病院で検査を受けてみて、異常がなければ安心できるでしょう。

上へ戻る