ミカルディスは主に高血圧に効く治療薬です。他にも腎臓や心臓という内臓に対する負担も軽減する事が期待できるため、腎臓病や心臓病の予防に服用する!という方もいらっしゃいます。血圧はもちろん、内臓も気になり始めたらミカルディスです!

高血圧に効く治療薬としてミカルディスをオススメしている女性看護師

ミカルディスと蛋白尿と概要について

ミカルディス錠を服用しての排泄経路と申しますのは、メインが胆汁分泌です。腎排泄は介しませんので、腎機能障害がある人でも投薬は可能となります。

医薬品を飲む時にもメーカーなどが気になるようでしたら、医薬品メーカーの会社概要などを、ホームページなどで読んでみてみてもいいでしょう。

尿の中に体内のたんぱくが出てくるのが、蛋白尿のことです。人間の体に重要な働きがあるのがたんぱく質なので、重要な栄養成分でもあります。そして本当でしたら、尿には排出はされないものです。でも腎臓の働きが傾いてしまいますと、次第に外へと漏れ出てしまうのです。

握りこぶしくらいのサイズなのが人間の大事な腎臓であり、腰のあたりの右と左に、それぞれ1個ずつ存在をしています。

体の中の老廃物を、尿という形にして外へと排出をする、血液を濾過するためのフィルターの機能をしています。ですから血液の中で不要となった、いらない老廃物は、腎臓を通過して排出をすることができます。

人間の体の中に水分がたくさんになったら、排出をさせるために尿の量を増やします。こうした機能を持ちますので、人間の体内には、一定の程よい水分量が維持されることになります。

人間の体の中には、ミネラルも必要ですので、濃度調整も腎臓がしてくれています。

ミネラルの濃度を良いバランスで調整をしたり、体の中の塩分や水分の量も調整するので、かなり活躍をする臓器です。

レニンは血圧に関わっているホルモンであり、そのレニンを分泌もしていて、血圧の良い状態を維持するためにも活躍をしています。エリスロポエチンのホルモンも分泌をしていて、これは赤血球の産み出すために必要となるホルモンです。ほかにも、ビタミンDを活性化させます。

上へ戻る